Member

メンバー紹介

細沼 雅子
Masako Hosonuma

取締役 CAO

PROFILE

立教大学文学部心理学科卒
国際コーチ連盟 (ICF)認定 アソシエイト・サーティファイド・コーチ(ACC)
米国 CTI認定 プロフェッショナルコーチ(CPCC)
CTI Co-Active Leadership Program 修了
臨床美術士

ITベンチャー、メーカーでのWebディレクターを経て、IT企業にて経営企画に携わる。予算策定、コスト管理など数値周りの施策立案から実行を担当。 情報を集約して美しくわかりやすい形(文書、グラフィック)にし他者へ伝えることと、チーム、組織、個人の創造性を高めるための安心安全な場づくりを常にモットーとしている。
独立後はアート制作を通じて自己、他者と対話し表現する楽しさを伝える臨床美術(クリニカルアート)の資格を取得。ビジネスパーソンだけでなく、小学生から認知症の高齢者まで、幅広くセッションを行っている。

Message

仕事をする上で、私はオープンなコミュニケーションを大切にしています。フェアであり、真摯であること、誰に対しても「一緒に創り出していく」「チームである」ということを意識しながら関わることを心掛けています。
その場の関係性や自分自身の制限を外し、お互いの持っているリソースを全て活かしながら共創していく。「自分はこれができないので力を貸してほしい」とヘルプを出すことは、私にとってとても難しいことですが、自分の弱さを素直に出すことも、共創の一環であると考え、試行錯誤し続けています。

また、見えないものを形にすることが好きです。クライアントからの、言葉だけでないご要望や意図を整理して、全体のイメージや図に変えて提示することを得意としています。臨床美術(アートセラピー)を学び、実践してきた経験も、大いにここで役立っていると思います。

そうして関わったクライアントが、施策後に顔や目の輝きが増したと感じられる時、人の可能性のすばらしさにとても心打たれます。言語以上の、生の変化を肌で感じられるのが、私にとって一番のやりがいです。
よきとものサービスは、クライアントにとって一番良い形になるようテーラーメイドで創っています。そのため、ひとつひとつのサービスのご提供が自分にとって新しい挑戦です。
クライアントと同じように、私たちも毎回変化し続けていますし、私たちが挑戦し続けなければ、サービスを受ける皆さまへ本当に届くサービスはご提供できないと考えています。
今ある「よきともらしさ」さえも自由に手放して、クライアントと共に、変化・進化をし続けていきたいと思います。