先日、株式会社クオカード様の全社イベントとして、講演の機会をいただきました。
別プロジェクトでクオカード様とご一緒している中で、ありがたいことによきともへお声がけをいただき実現したものです。

イベントのテーマは「多様性・対話 ~違いから創る~」です。
クオカード様が全社テーマとして掲げられている「多様性」と、よきともが大切にしている「対話」をクロスして、自分と他者の違いを歓迎し、楽しみながら創造の起点としていただけるような、対話的な場を考えました。

時節柄、リアルの会場では感染対策を実施しながらごく一部の方のみ、他の方は別の場所からオンラインでのアクセスとなりましたが、総勢140名を超える方にご参加いただきました!

イベントの様子

会場はクオカード社のラウンジスペース。広くすっきりしていて、気持ちのよい空間です。これまでにも、このラウンジスペースで様々な全社イベントを開催されているとのことでした。

前半は弊社代表の江尻から、多様性と対話についてプレゼンテーションさせていただきました。皆さまとても集中して聴いてくださっている様子です。


プレゼンテーションの途中に、参加型のミニワークを設けました。経営層の方も一緒に、それぞれが小グループになって「違い」や「対話」を体験していただきました。

特に印象に残ったのは、お互いのアイデアに「いいね!」を言い合うミニワークです。
会場のあちこちから「いいね!」の声が飛び交い、とっても楽しそう!

出てきたアイデアを一部発表していただきましたが、どれも個性的で、とてもクリエィティブでした!

後半は、クオカードの近田社長を交え、仕事の価値観や多様性について対談形式でお話しいただきました。近田社長がご自身の経験を踏まえ、思いを率直に語ってくださったことで、今回のテーマ「多様性」の意味がより深く厚みを持って伝わったのではないかと思います。

イベントを終えて

イベント終了後、その場に残ってくださった参加者の方としばしお話しする時間がありました。会の余韻を味わうように、ざっくばらんに語らい、時には本音が飛び出すような、豊かな時間をご一緒させていただきました。

開催後、参加された皆さまからは、こんなご感想を頂戴しました。

 

  • 多様性は創造の源になる、むしろ違いからこそいろいろな発見があるということに気付かされました。
  • 人と人は違って当たり前ということ、それを一旦受け止める(受け入れる)、という基本姿勢の大切さを改めて認識する良い機会でありました。
  • とてもとても参考になりました。特にグループワークの前のちょっとしたアドバイスが、特に沁みました。
  • 近田社長の考え方やお人柄の一端が伝わってきた。そういうことを感じることができると「ここはどんな会社なのか」ということの理解につながる。

普段の仕事ではなかなか見えない、お互いの価値観やバックグラウンドの違いを知り、楽しみながらアイデアを創り出す体験をしていただけたのではないでしょうか。

今回のイベントを通して感じたのは、クオカードの皆さまがとても活発に、かつオープンに対話してくださったことです。好奇心いっぱいに多様性を楽しんでいらっしゃる様子を拝見して、本当にありがたく、嬉しく思いました。
よきともにとっても「多様性」「対話」というテーマを改めて考える、とても得難い機会でした。

こうした機会を作っていただき、当日までイベント開催に向けてご準備いただいたいたクオカードの皆さま、ご参加された皆さま全員に、心から御礼と感謝申し上げます。

素晴らしい場を作ってくださり、ありがとうございました!