税理士法人フューチャークリエイト様 プロジェクト概要

対象 社員 17名
名称 自分と相手の強みを知るワークショップ
内容 ストレングスファインダー®の基礎知識インプットと対話会の2部構成
期間 半日(4時間)
提供方法 オンライン
主幹 代表 島元宏忠さん

提案の背景

税理士法人 フューチャークリエイト(以下フューチャークリエイト)の代表、島元さんからご相談を受けたのは2021年7月のこと。1ヶ月後に「税理士法人シマ会計」からフューチャークリエイトへの社名変更と、大幅な組織変更を控えていらっしゃる時期でした。

島元さんは、新しい体制でフューチャークリエイトのミッション「日本中の中小企業を強くする」をさらに拡大し押し進めていくと同時に、このミッションを支える一人ひとりのメンバーが自律して、お互いに成長し合える関係性になることにも、力を尽くしておられました。

社内の関係性を、単に「仲のよい」だけではく、本質的な部分でお互いの理解を深め、尊重した上でいいも悪いも率直に言い合えるようにしたい。さらには関係性の質を上げることで、生産性・業績も上がる好循環サイクルを目指したい( 島元さん 対談記事)、というのが島元さんのご要望でした。

社員の関係性の質を上げる第一歩として、すでに社内で実施済みのストレングスファインダー®のアセスメント結果を最大限に活用することを考えました。まずは「コミュニケーションの共通認識を作る」ことを目指し、よきとものサービスのひとつ、ストレングスファインダー®ワークショップをご提案し、採用いただく運びとなりました。

ワークショップデザイン

本ワークショップでもっとも重きを置いたのは、資質の持ち主が自分の強みをどう受け取っているかを語り、聴く側はその人がどんな場面でその強みを発揮しているのを見たかを伝える時間です。

資質という「共通言語」を使って、自分の強みを理解し、語り、かつ他者からそれがどう見えているかの客観的なフィードバックを受けとること。他者の強みの体験を聴き、自分とは違う視点や世界観がその人にあると理解すること。この双方の体験が、フューチャークリエイトの目指す「本質的な部分でお互いの理解を深める」という関係性に踏み込んでいくきっかけになることを意図したものです。

そうした意図から、より率直でオープンな場を作るために、代表の島元さんも一参加者としてワークショップにご参加いただくこととしました。

ワークショップの前半は、ストレングス認定コーチによる資質の解説をメインに、知識インプットの時間を設けました。資質が単なる情報でなく、実感をともなって理解できるように、参加者から実体験を聴く時間を多く盛り込んでいます。参加者が資質について同じ知識を持つことで、これ以降、資質をコミュニケーションの共通言語として使えるようにするための準備時間でもあります。 後半は、グループ別にそれぞれの資質について、日常の体験を共有する対話の時間としました。
個人の資質が「こういうところあるよね」という性格診断的な感想で終わらないよう、その資質についてリアリティを持っていただけることを最重要視しました。一人ずつが充分かつ公平に語り、かつ相互理解の対話もじっくり行えるように、時間の配分も含めた設計の工夫を凝らしました。

ワークショップ当日の様子

4時間のオンラインワークショップでしたが、皆さん最後まで集中して取り組んでくださっていました。

ご自身の強みを発表すると「その強みは前からすごいと思っていた」「こういう時に助けてもらいたい」など、周囲から称賛とアイデアが積極的に出てくる場面がたびたびありました。「この資質のために、うまくできないことがある」と、参加者全員の前で課題を吐露してくださった方もいらっしゃり、ふだん仕事の場ではなかなか言えないことが話された時間だったことが伝わってきました。

また、実施後のアンケートでは「他の方の資質が知れてよかった」「これからは苦手なことはひとりで抱えず、他の人と強みを貸し借りしたい」という感想を少なからずいただきました。ご自身だけでなく、他の方の資質についての理解を深められたこと、日常言えなかった弱みや悩みを伝え、サポートし合う視点が生まれたことが見受けられました。

担当者総括

ワークショップ全体を通じて、フューチャークリエイトの素晴らしい資質のひとつが「他者を尊重し、チームワークを大事にする」であるのだと感じました。自分と相手の強みを十分に理解しあい、お互いをサポートしあうことで、フューチャークリエイトのビジョン「集合天才」がどんなにパワフルに進化していくか、これからの未来が楽しみでなりません。

同じ資質であっても人それぞれに表現や行動が違い、違うからこそ新しい視点やアイデアが生まれる。そんな当たり前ともいえることを、あらためて目の前で体現してくださった参加者の皆さんに、心から感謝申し上げます。

フューチャークリエイトの皆さんがご自身ならではの資質をさらに輝かせるために、組織がダイナミックに成長していくために、よきともが少しでもお役に立てていたら、心から嬉しく思います。

(担当:細沼 雅子