THECOO株式会社様

プロジェクト概要

対象 次世代を担う20代~30代若手リーダー層 11名
名称 コーチング研修
内容 1対1のコーチングセッションと対話会のハイブリッド施策
期間 3ヶ月間
提供方法 オンライン
主幹 人事グループ

提案の背景

THECOO株式会社(以下THECOO)では、事業が急成長する一方で、人財育成に充分なリソースを注げないという人事面でのお悩みをお持ちでした。代表である平良さんは、以前コーチングを受けられたご経験があり、ビジネスパーソンが客観的に自身を俯瞰する時間の大切さを体感されていらっしゃいました。

そんな折、よきとものサービスコンセプトにご共感くださり、THECOOで活躍中の若手リーダーの人財育成施策の一環としてコーチングを用いた研修をご採用いただく運びとなりました。

本プロジェクトを実施するにあたって、人事担当役員の國分さんからお預かりしたご意向は、「よくある会社からのお仕着せの研修にはしたくない。受講者ひとりひとりが自らの自己成長の機会として受け取ってほしい」というものでした。

お二方のニーズを受け、設計にあたってまずは本プロジェクトの方向性を「深い自己理解のもと、自分のスタイルでやり抜く​リーダーの育成」と定めました。

プロジェクトデザイン

プロジェクトの大テーマは、「『あきらめないリーダー』になる」としました。これは今回の研修を通じて、受講者である次世代リーダーたちにTHECOOのコーポレートビジョン「「できっこない」に挑み続ける」を体現してもらいたいという願いを込めたものです。

3ヶ月という短期間でパワフルな自己成長を促すため、本研修では、1対1のコーチングセッションを主軸に置きました。加えて、同じタイミングでチャレンジをする仲間の横のつながりと刺激を促すため、参加者全員での対話の機会も設ける仕立てとしました。

今回参加したほとんどのメンバーにとって、コーチングやワークショップといった対話的な取り組みはほぼ初めての体験でいらっしゃいました。そのため、場作りの中では心理的安全性を高め、「この時間はどんな話も聞いてもらえる」と体感していただくことを最重要視しました。 人事担当役員の國分さん に、コーチングセッションで業務外の話も扱うご許可をいただいたことも、心理的安全性を高めるために行ったデザインのひとつです。

加えて、クライアント本人の主体性を引き出すために、受講者が3ヶ月間で取り組む個人的なテーマを自分で決定するところからプロジェクト開始。3ヶ月後にそのテーマをどう終わらせたかを自分で発表する儀式を持つことで完了させるというデザインとしました。

プロジェクト進行

前述の通り、研修メンバーは公私の別なく、一人の人間として真剣に向き合いたいテーマを存分に話しました。中には、大きな自己発見や成長のきっかけを掴んだメンバーもいました。(インタビュー記事  佐藤陽介さん 杉山由莉さん

日々の業務で超多忙な皆さん。実は、急なお仕事のご都合で事前にお約束したセッション日時が変更になることも多々ありました。時には、1度のセッションのリスケが2度、3度と重なるケースも…。それでも、なんとか担当コーチと調整を重ね、最後まで諦めずにセッション時間を確保する意思を貫いてくださいました。

最初の対話会ではかなり緊張感があった研修メンバーも、3ヶ月間の間で少しずつコーチとの関係性が形成され、コーチングセッションが進むにつれだいぶリラックスした面持ちになりました。最後は、自分の3ヶ月間の変化の言語化や、テーマへの取り組みを完了する宣言を行い、他のメンバーの宣言を見届け、大団円となりました。

プロジェクトラップアップ:組織テーマのエスカレーション

3ヶ月という期間を通じてグループ・組織としてお見立てした傾向は組織テーマとしてまとめ、プロジェクト最終報告として平良さんにもご同席いただき、進言を申し上げました。経営者にとっては耳の痛いこともお伝えさせていただきましたが、平良さん・國分さんともに「なるほど」「やはり」と懐深く受け止めてくださり、今後の社内のお取り組みに活用くださるご意向をお示しくださいました。

担当者総括

プロジェクト開始前のヒアリング時、THECOOの経営メンバーである平良さん、國分さんのお二方にとって、社員は仲間であるという前提がおありだということを受け取りました。また、お二方がメンバーの自由な創造性の発揮をワクワクしながら待っているのだということを拝察し、あたらしいスタイルの組織だ!とひそかに感動を覚えていました。しかし、THECOOというエキサイティングな環境の中で成長する人財の特性は?というと、プロジェクト設計当時はまだ明確にイメージができていなかったというのが正直なところです。

今、若いリーダーたちとの3ヶ月の研修を終え、THECOOという組織でいきいきと創造性を発揮するリーダーのコンピテンシーをひとつ言語化させていただくとしたら、それは「おもしろがる力」です。創造や冒険はもちろん、困難や大失敗もまた経験としておもしろがることができるリーダーがいるチームや組織は、メンバーもまた個人の創造性を発揮でき、挑戦できる好循環が生まれることでしょう。そしてそんなカルチャーこそが、新規性の高いサービスを世に生み出し続けるTHECOOにふさわしいであろうと感じました。
今回の研修を受講された皆さん個人の力としてももちろん、THECOOの土壌に「おもしろがる力」の種がますます芽吹き、根付き、ジャングルのような多様性を誇る組織文化となりますよう!

(担当:原 美香